三鷹市に対応しているポスティング業者紹介の三鷹市ポスティング.com|三鷹市の地勢

「三鷹市ポスティング.com」のサイトに関するお問い合わせ電話番号

三鷹市あれこれ

三鷹市の地勢

三鷹市の地勢の写真

 三鷹市の地勢

三鷹市は、都心から西へ約18キロメートル、東京都のほぼ中央に位置し、東は杉並区、世田谷区の2区に、西は小金井市、南は調布市、北は武蔵野市にそれぞれ接しています。

 三鷹市の面積・広がり

三鷹市の面積は過去数回にわたり変遷していますが、これは市域の変更によるものではなく、国土地理院が航空撮影による修正を加えたもので、より測量精度の高い数値として官報により公表されました。

 三鷹市の地形

東京の西郊に広がる武蔵野台地は、北西は入間川、北東は荒川、南は多摩川の沖積低地、そして東は東京低地によって界されたおよそ500平方キロメートルにもおよぶわが国で最も大きな洪積台地の一つです。

青梅を扇頂とする同心円状の扇状地的な地形は、等高線や関東ローム層下に広がる旧多摩川の河床礫層から読みとることができますが、ローム層の堆積の厚さや異なった作用によって形づくられた段丘であって、単純な扇状地形というわけではありません。

三鷹市はこの武蔵野台地の中央部南端にあります。西南端の一部、野川の流れる低い面(立川段丘〈下位面〉)と、市域のほとんどを占める一段高い面(武蔵野面〈中位面〉)、そして牟礼の法政大学中学校・高等学校にはさらに高い面(下末吉面〈高位面〉)がわずかに残り、複雑です。

ちなみに、牟礼三丁目3番には2等三角点(65.63メートル)が、国立天文台構内(大沢二丁目21番)には市内では唯一の1等三角点(57.860メートル)があります。

二つの段丘、立川段丘と武蔵野段丘とは国分寺崖線(がいせん)とか“ハケ”とか呼ばれる急斜面によって界されています。この崖は旧多摩川が浸食したもので、崖下には今の多摩川と同じ河床が堆積しています。この礫層が地下水の帯水層となり、その切れ目が湧水地点ということになります。

国分寺崖線下には多数の湧水地点が知られており、野川には、この豊富な湧水が注ぎ込んでいます。武蔵野段丘面には、北から井の頭池を源流とする神田川、市東南部の「丸池」が源泉ともいわれる野川の一支流の仙川、そして調布市深大寺から流れ込む野川支流の入間川(中仙川)が走ります。

三鷹市の町丁図

三鷹市の町名地図

 三鷹市の町名

  • 下連雀
  • 牟礼
  • 井の頭
  • 中原
  • 北野
  • 新川
  • 上連雀
  • 井口
  • 深大寺
  • 野崎
  • 大沢